選手紹介

【4028】天才!超新星と言われた男!田村隆信選手の特徴や成績!

投稿日:

田村隆信

田村選手は“銀河系軍団”と呼ばれている有力選手の揃う85期の選手です。

田村選手は、その中でもいち早く活躍し、“超新星”と呼ばれていました。

なぜなら、田村選手はデビュー直後どころか、デビュー前からすでに注目された選手だったのです。

スポンサーリンク

天才の片鱗は養成所から!

ボートレーサーは、デビュー前に“ボートレーサー養成所”でボートの整備や、操縦の方法などボートレースの基礎について学びます。

田村選手はこのボートレーサー養成所(当時は本栖研修所)の卒業記念競走・優勝戦にて、6コースから逆転し、見事に勝利を納めます。

卒業記念競走における6コースからでの優勝は、史上初の快挙でした。

そのため、田村選手はデビュー前から注目される選手となったのです。

そして、田村選手は注目選手としての期待を裏切ることのない、輝かしいデビューも果たしています。

デビュー戦での初勝利を達成しただけではなく、そのシリーズで準優勝戦にまで進んでいるのです。

その後も田村選手の勢いは止まることなく、85期で初の「G1優勝」「SG初優勝」「賞金王決定戦への出場」を達成し、同期の中でもずば抜けた実力をみせていました。

田村選手はデビューしてからの短い期間で、同期どころかボートレーサーを代表する選手にまでなったのです。

しかし、2005年以降ではSG戦での優勝は一度のみと、それまでの活躍に比べれば苦しい時期となっています。

それでも、現在の実力が決して低い訳ではなく、1コースから出走での3連対率は96.0%、2コースからでも68.0%と安定した走りを見せています。

確かに、他のトップ級選手と比べれば4コースより外からの1着や、6コースからの入賞はやや難しい印象です。

それでも、インからの出走では着実な入賞が期待出来る選手です。(2017年11月1日 ~ 2018年4月30日の成績より。)

最近の田村選手は、タイトル戦に優出する実力はあるものの、勝ち切ることが出来ない印象です。

しかし、超新星と言われた実力は確かなものであり、その輝きを取り戻す可能性が十分にある選手です。

田村選手の実力

田村選手は1999年の11月に鳴門競艇場にてデビューしています。

2001年には1月に初優勝を決めたのを始めとして、2月には「G1 第44回 四国地区選手権競走」にてG1初出場にて初優出、11月には「SG 第16回賞金王決定戦競走 - シリーズ戦」にてSG初勝利を果たしました。

さらに2003年には「G1第17回新鋭王座決定戦競走」にてG1初優勝。

翌年の2004年には8月に「SG 第9回オーシャンカップ競走」にてSG初優勝を果たしたのみではなく、11月には「SG第7回競艇王チャレンジカップ」で2度目のSG優勝を達成し、デビュー5年にして輝かしい成績を残した田村選手でした。

最近は当時ほどの目立った活躍はないものの、2017年の獲得賞金は5千20万1,000円で賞金ランキングは28位でした。

田村隆信選手の素顔

プロフィール

  • 登録番号:4028
  • 生年月日:1978/03/15
  • 身長:171cm
  • 血液型:B型
  • 支部:徳島
  • 出身地:徳島県
  • 登録期:85期

田村選手がボートレーサーを目指したきっかけは、当時付き合っていた彼女のお父さんに勧められたことだそうです。

養成所に入所する直前に彼女と入籍しており、養成所の同期の中では唯一の既婚者だったそうです。

そんな責任感も田村選手の強さとなったのかもしれませんね。

-選手紹介

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.