選手紹介

【4350】篠崎元志選手の特徴!女性ファンを魅了するイケメン兄弟の実力は?

更新日:

篠崎元志

女性ファンを魅了し続けるスーパースター!篠崎元志選手の特徴や戦績、プロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

イケメンレーサーとして女性ファンを魅了

篠崎選手は「イケメン競艇選手」として必ず挙げられるほど、その端正なルックスで女性ファンを魅了し続けています。

その人気は大変なもので、篠崎選手がレースに出場すれば彼を目当てに多くの女性ファンが競艇場に駆けつける程です。

中には、一目会いたいと出待ちをするファンもいるそうです。

競艇場といえば、「ギャンブルをする場所」「おじさんが多い」など、女性は行きにくい印象があると思います。

確かに普段の競艇場は、年配の男性が大半で、女性は多くても2~3割ほどしかいない印象です。

しかし、篠崎選手のようなイケメンレーサーの存在は、競艇の女性ファン増加の大きな要因となっています。

ターン技術と道中の果敢な攻めが魅力!

そんな篠崎選手の人気の秘密はルックスだけではなく、レーサーとしての実力にもあります。

篠崎選手は「ターン」のスピード、技術ともに一流の実力を持ち、特にターンスピードを活かせる1コースからの「逃げ」や、4コースからの「まくり」や「まくり差し」が得意な選手です。

1コースからの出走では、3連対率87.0%と安定して3着以内に入る実力がある選手です。4コースからの「まくり」も得意としており、3連対率70.6%となっています。

また、道中での諦めない果敢なレースも魅力。

一般戦の総合成績でも3連対率71.7%と、どのコースからの出走でも、着実に3着以内に入ってくる実力のある選手と言えるでしょう。(2018年8月現在の通算成績より)

篠崎元志選手の実力

そんな篠崎選手は2005年5月 7日に若松競艇場にてデビューし、3か月後の「日刊スポーツ杯争奪お盆特選競走」にて初勝利を納めました。

そして、G1初優勝は2011年10月「開設59周年記念 G1びわこ大賞」。2コースからの出走で一号艇の峰竜太選手との激しい攻防は必見です。

続けて、翌年の2012年12月「SG 第27回賞金王決定戦競走」でもSG初優勝と、2年連続での活躍を見せていた篠崎選手でした。

ところが、2013年9月「SG 第59回モーターボート記念競走」にて痛恨のフライングにより、失格となってしまいます。

しかし、偶然か必然か、2年後の2015年、フライングをしてしまった同大会「SG 第61回モーターボート記念競走(ボートレースメモリアル)」にて、劇的な2回目のSG優勝を達成します。

おまけに、競艇界には「賞金王シリーズ戦でSG初優勝した選手は、SG戦で2回目の優勝が出来ない」というジンクスがあったのですが、篠崎選手の優勝はこのジンクスを打破するものでした。

最近の記録としては、2017年の賞金ランキングは17位で6千4百4十7万6千円でした。

また、2018年5月~は公傷により欠場しています。

公式発表ではありませんが、レース中の肩の脱臼との情報です。しっかり治してまた活躍して欲しいですね!

関連退院していきなりウエストのうどんを食べに!【永島知洋オフィシャルブログ】

篠崎元志選手のプロフィール

プロフィール

  • 登録番号:4350
  • 生年月日:1986/02/28
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型
  • 支部:福岡
  • 出身地:福岡県
  • 登録期:96期

弟の仁志さんも競艇選手で、篠崎元志選手は兄弟で競艇選手なことでも有名です。

2016年にはSG第31回グランプリにおいて初の兄弟での出場という偉業も達成しています。

中学生の時にボートレースに出会い、迫力のあるレースに魅了されてボートレーサーになることを決心したそうです。

競艇選手は高級車に乗っている方が多いですが篠崎選手もそのひとり。2000万以上ともいわれるマセラティのスポーツカーに乗っている車も“イケメン”な選手です。

-選手紹介

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.