初心者講座

競艇初心者向け!展開予想によって使い分ける三連単の買い方解説!

更新日:

競艇三連単の買い方

数多くある舟券の中でも圧倒的な売り上げを誇り、競艇の華といえるのが3連単です。

3連単は、1着から3着までを順番通りに当てる舟券です。競艇は基本6艇立てですので、6×5×4=120通りの中から正解の1通りを予想しなければなりません。

荒れれば100倍以上の万舟券が望める唯一といっていい舟券ですが、組み合わせが多いので的中させるのがとても難しい舟券です。

それだけに適当に買っただけでは、なかなか的中することはできません。そこで、今回は3連単を的中させるためにおススメの買い方を紹介します。

スポンサーリンク

マークカードにある買い方

舟券を現地で買う場合にはマークカードを使用しますが、このマークカードには1点ごとに買う通常の買い方の他に、「ながし投票」と「ボックス投票」という買い方が用意されています。

3連単を買う場合は、この「ながし投票」と「ボックス投票」が重要になってきます。

ながし投票

「ながし」とは、1艇もしくは2艇を軸にして手広く買う方法です。

例えば、1着は1号艇が逃げ切って、2着に差して続く2号艇で堅そうなレースがあります。しかし、3着については3号艇から6号艇までどれが来てもおかしくなさそうです。

この場合、1着1番→2着2番で固定し、3着に残りの4艇をマークしたながし舟券を買うことになります。

このように、「ながし」はどこか1つ以上の着順を1艇で固定できそうなときに利用します。

固定する着順は、1着から3着までどの着順でも構いませんが、競艇は1周1マークで1着が決まりやすい反面、2着以降はもつれることが多いので、1着を決め打つときに有効です。

ボックス投票

「ボックス」とは、選んだ複数の艇の、全ての組み合わせを買う方法です。

1号艇の選手のスタートが遅そうで、外からのダッシュ戦がいかにも決まりそうなレースがあったとします。

4~6号艇が上位を独占しそうですが、カドまくりが決まったとして、そのまま4号艇が突き抜けるか、マクリ差してくる5号艇・6号艇が間隙を突くかが決められなかったとします。

この時、4,5,6号艇の3艇をボックス買いすることで、この3艇が上位に来れば、その中で着順が前後しても必ず当たるようにすることができます。

ボックス買いは、展開や能力的に上位に来る選手が絞れるときに、どのような組み合わせでも的中できるように使えます。

ただし、3連単の3艇ボックスは6点、4艇ボックスだと24点になりますので、金額がかさみやすいです。

着順を気にしない舟券には3連複もありますので、予算とオッズ次第で3連単と3連複を自在に使い分けるとよいでしょう。

フォーメーション

競艇フォーメーション

競艇フォーメーション

最後にもうひとつ、フォーメーションという買い方を紹介します。

これは、1着2着3着を、それぞれ1艇以上選択して、購入可能な組合せのすべてを購入する投票方法です。

例えば、1着に逃げる1号艇かマクる4号艇が入りそうで、2着にはこの2艇と差す2号艇のどれか、3着にはさらに大外から間隙を突く6号艇が来そうと予想したとします。

この時、1着1,4→2着1,2,4→3着1,2,4,6と選んで買う方法がフォーメーションです。この例では、2×2×3=12点の組み合わせになります。

展開を立体的に思い浮かべて、ありえそうな組み合わせをすべて抑えるのに有効です。

競馬ではおなじみの買い方であるフォーメーションですが、競艇では現地購入することはできません。(一部購入できる競艇場も)

フォーメーション用のマークカードが用意されていないからです。

ネット投票であればフォーメーション投票も簡単にできるので利用してい方も多くいるでしょう。

-初心者講座

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.