初心者講座

【三連単】予想・買い方のコツ!競艇初心者におすすめの買い方は?

更新日:

三連単予想

競艇は6艇による競争で、公営ギャンブルの中では当てるのが簡単と言われています。

さらに、イン(1号艇)が断然有利で、120通りある三連単でも①を頭にし二着と三着を予想するだけの30通りになるとも。ですが、実際は三連単を的中させるのは簡単ではありません。

この記事では、初心者向けに三連単の的中率アップのコツ買い方の基本的な知識などを紹介していきます。

スポンサーリンク

1号艇が逃げれるレースを選ぶ

初心者が三連単を的中させるには、競艇のセオリーである「1号艇が逃げれるレース」を選ぶ事が近道です。

別に1号艇が逃るレースでなくとも、ダントツで強い選手がいれば予想し易いのでは?と思う方もいるでしょう。

ですが、3・4・5コースなどから強い選手が1着となる場合は、2着・3着の予想が難しくなってしまうのです。

捲るのか?差すのか?捲り差すのか?それぞれの展開によって2着・3着になりやすいコースが変わってくるからです。

なので初心者は1号艇が逃げるレースで経験を積むのがおすすめです。

1号艇が逃げ易い条件

では、1号艇が逃げれるレースとはどんなレースでしょうか?

当たり前ですが、インが有利な競艇でも1号艇の選手がそれなりに実力がなければあっさりと抜かれてしまいます。

他にチェックするポイントとしては、

  • 1号艇はフライング2本持ちではないか?
  • 2号艇は下手な選手ではないか?
  • インが難しい競艇場ではないか?
  • 突風が吹いていないか?

などに注意する必要があります。

フライング2本持ちから注意!

競艇初心者の方でも、フライングをすると選手にペナルティーがあることは何となく知っていると思います。

出走表でもフライングの数をチェック出来ますが、1号艇がフライング2本であれば見送るのが良いでしょう。

3本目のフライングをしてしまうと90日間出走停止というとても重いペナルティーを課せられる事から、スタートが遅くなってしまう選手がほとんどです。

逆にフライング1本でもスタートが遅くなるのでは?とも思えますが、1本の場合は過度に考える必要はありません。厳密には0本と1本では0本の方が良い事は間違いありませんが。

ただし、フライング1本の選手であっても直近のレースでフライングしてしまった選手には注意が必要。スタートで遅れてしまう場合が多いです。

2号艇は壁になる重要な存在!

1号艇が逃げるためには2号艇の存在もかなり重要になります。

特にスタート力が重要で、2号艇のスタートが遅いと壁が無くなってしまい簡単に外のコースからまくられてしまいます。

また、ボート雑誌「BOATBoy」でも新概念データというもので2号艇の「逃がし率」なるものを算出しています。
現在ウェブサイトでは公開しておらず、雑誌の付録としてデータ集が配布されています。

「逃がし率」とは、その選手が2号艇の際に1号艇が逃げて1着になった確率のこと。

上手い、下手、だけではなく、2号艇の選手の特徴が1号艇の勝敗に大きく関わってくるということです。

1号艇の勝率は競艇上によって違う!

競艇歴のある方にとっては常識ですが、インが不利、有利と言われている競艇場があります。

1コースの1着率が低い競艇場として有名な戸田競艇場は約44%。

逆に1コースの1着率が高い競艇場として有名な大村競艇場は約68%。

競艇場によって20%以上もの差があります。

他には以下の競艇場が1コースの1着率が高いデータとなっています。

  • 徳山競艇場
  • 下関競艇場
  • 芦屋競艇場
  • 住之江競艇場

各競艇場のデーターはボートレース公式HPで確認することができます。

風が吹くとレースが荒れる!

強風や突風が吹き荒れるなかではボートの操縦が難しくなることは想像できますね。

風で波が高くなるとまくるのが難しくなりインが有利と言われることがあり、それならば1号艇は有利なのでは?と感じますが注意する点があります。

それは風向きがころころ変わったり、突風が吹いている場合です。

その様な条件ではスタートが難しくなり、スタートタイミングにばらつきが出てきてしまいます。

ばらつきが出ると2号艇の話と同じように、壁が無くなってしまい外のコースから攻めやすい展開になるのです。

流し・フォーメション

次に2着・3着の買い方についてです。

「流し」と「フォーメション」という買い方が一般的ですが、初心者にも「フォーメション」がおすすめだと思っています。

では、それぞれの買い方、メリット・デメリットについて簡単説明していきます。

流しの買い方

簡単に言うと「流し」=「全部」ということです。

予想ブログや予想紙などで【①ー②ー流し】と記載されていれば、

  • 1着は1号艇
  • 2着は2号艇
  • 3着は3・4・5・6号艇
  • 1−2−3
  • 1−2−4
  • 1−2−5
  • 1−2−6

以上の4種類の舟券を意味します。

また、「流し」を「9」と表記することもあり、【①ー②ー⑨】と記載されていれば、【①ー②ー流し】と同じ意味になります。

流しのメリット

「流し」で購入するメリットは、

  • 本命を抑えつつ3着で高配当が狙える
  • 3着が予想できないときに全てをカバー出来る
  • 大穴の選手が3着になって損した気分にならない

などがあります。

3着に人気のない6号艇の選手がきた場合などは、それなりの配当があるので、取りこぼした際のショックは大きく、的中させて時の喜びも大きいでしょう。

流しのデメリット

次にデメリットです。

  • 購入点数が多くなる
  • 予想の練習にならない

【①ー②ー流し】で4点、2着を2艇にし【①ー②or③ー流し】になると8点になります。

競艇は三連単でも10倍を下回る配当になることも多いので、8点購入すると的中してもトリガミになることがあります。

その反面メリットでもお話ししたように、3着次第で40倍、50倍、時には100倍を超える可能性あるので、配当面ではメリット・デメリットの考え方次第ということになります。

それよりも「予想の練習にならない」という点が初心者にとってデメリットになると考えています。

練習にならないというのは「流し」で購入すると実質、二連単の予想と同じだからです。

③着に全パターンを購入しているので、1着、2着の予想だけになりますよね。

競艇は「早い・上手い」順番に決着するよりも、スタートや1マーク(1コーナー)の展開によって着順が大きく変わってきます。

  • どんな時に5・6コースから3着になりやすいのか?
  • どの選手が外枠からでも3着になりやすいのか?

3着を「流し」で購入しても上記のようなこと予想しながら購入すれば練習になるのですが、初心者の頃から「流し」で購入していると、1着、2着のことしか考えなくなってしまうでしょう。

フォーメーションの買い方

次にフォーメーションについて説明します。

【①ー②③ー②③④】のように記載されます

  • 1着は1号艇
  • 2着は2・3号艇
  • 3着は2・3・4号艇
  • 1−2−3
  • 1−2−4
  • 1−3−2
  • 1−3−4

フォーメーションのデメリット

フォーメションのデメリットは、

  • 流しよりも予想が難しい
  • ラッキーで高配当を的中させにくい
  • マークシートの記入が面倒

などがあります。

実力がはっきりと分かれていれば、フォーメーションでも購入しやすいと思いますが、

  • 3着がまった予想できない
  • 3着に6号艇がくればオッズが美味しいな

などと、予想を絞り込むことが難しい場合も。

1・2着は当たっているのに、3着に購入していない選手が来た時のショックも大きいです。

また、競艇場にあるマークシートは「流し」は簡単に購入できるようになっていますが、フォーメーションを簡単に購入できるマークシートを導入している所がまだ少なく、記入するのが少しだけ面倒です。

スマホやPCなどでネット購入する場合は、フォーメーションも簡単に購入できるようになっています。

フォーメーションのメリット

フォーメーションのメリットは、

  • 展開に合わせた購入ができる
  • 予想の制度が上がれば無駄な舟券を買わずにすむ

などです。

例えば【①ー②③ー③④⑤】など、

  • 1−2−3
  • 1−2−4
  • 1−2−5
  • 1−3−4
  • 1−3−5

この買い方の特徴は、2号艇は2着に予想しているが3着には入っていないこと。

  • スタートが上手くいけば2着になるが、ちょっと遅れたら3着に入るのも難しいだろう
  • 3号艇がまくり差してくれば2号艇は潰されて、4・5号艇に展開が向くだろう

という展開を予想しながら購入します。

【①ー②③ー流し】は8点、【①ー②③ー③④⑤】なら5点と少ない点数に抑えることができます。

3着に2号艇や6号艇が来てしまうパターンになればハズレてしまうデメリットもありますが、展開を予想をできるようになれば、的中率や回収率もあがり、なによりも競艇が楽しくなってくるハズです。

簡単に予想の精度を上げる!

最後に簡単に予想の精度を上げる方法を紹介します。

すでに知っている人も多いと思いますが、競艇を始めたばかりの人には絶対に知っておいて欲しい内容です。

ボートレース公式HPでは選手のコース別成績を見ることができます。

ボートレース公式峰竜太

https://www.boatrace.jp/

コース別成績から峰竜太選手は、

  • どのコースからでも50%以上の確率で3着以内に入ること
  • 5コースからの2着率が高いこと

などが分かります。

峰選手は有名な選手なので、ある程度イメージ通りの成績だと言う方も多いと思いますが、知らない選手についてはもちろん、有名な選手でも実は2コースからの成績が悪いなど、予想に役立つ情報を見つけることができます。

さらに細かく情報が欲しいという方は艇国データバンクというサイトで、各選手の直近6ヶ月のコース別成績、さらに「まくり」や「差し」などの決まり手などのデータを見ることができるのでおすすめです。

他にも当サイトでは初心者向けの情報を記事にしておりますので、ぜひ競艇予想の参考にしてみて下さい。

初心者講座一覧

-初心者講座

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.