初心者講座

競艇選手のランクの決め方!ランクによる実力差はどれくらい?

更新日:

競艇選手のランクの決め方

現在、競艇界には約1,600人のボートレーサーがいます。

レースは、モーターの調子やスタートの展開、水面状況で着順が左右されますが、最も重要なのは艇を操る選手の実力です。

各々の選手の特徴をより多く知ることは、よりよい配当を多く的中させることにつながります。しかし、1,600人もの実力や特徴を把握することは手間がかかり非常に困難です。

そんな時に一目で選手のおおまかな実力がわかるのが、ボートレーサーのランクです。

出走表に必ず書いてありますので、この意味さえわかれば出走メンバーの中での順位付けが簡単にできます。

今回はボートレーサーの4つのランクとその決定方法、ランクによる実力差を説明します。

スポンサーリンク

レーサーの4つのランクとその決定方法

競艇レーサーのランク

ボートレーサーのランクは上位から順にA1,A2,B1,B2の4つあります。

ランク分けの基準は以下の通りです。

  • A1:2連対率30%以上、3連対率40%以上、事故率0.70以下、出走回数90回以上
  • A2:2連対率30%以上、3連対率40%以上、事故率0.70以下、出走回数70回以上
  • B1:勝率2.00以上、事故率0.70以下、出走回数50回以上
  • B2:上記A1~B1級以外の選手

ランク分けの基準にはいくつかの数値が用いられていますが、それぞれも簡単にどのような意味か説明します。

メモ

2連対率:2着以内に入った確率

3連対率:3着以内に入った確率

勝率:1着10点、2着8点、3着6点、4着4点、5着2点、6着1点からなる着順点を出走回数で割った値(格の高いレースや優勝戦では着順点が高く設定されています)

事故率:フライングや転覆、妨害行為などがあるたびに与えられる事故点を出走回数で割った値

これらの基準をもとに成績がいい順に上位のランクが与えられます。

各ランクの定員

また、各にはそれぞれ定員があり、A1が最上位の20%、A2がその次の20%、B1がさらにその下の50%となっています。

ランクは半年に1回更新されます。

1年のうち1~6月が前期、7~12月が後期となっており、前期のランクは前年の5月1日~10月31日の半年間の成績、後期は前年の11月1日~当年の4月30日の成績をもとに決定されます。

ボートレースで一番格の高いレースであるSGは原則としてA1級の選手しか出場することができません(例外はあります)。また、クラスが上の選手ほど、より多くレースに斡旋されることになっています。

ランクごとの実力の違い

SGやG1などのグレードの高いレースはA1級および一部のA2級の選手しか出走することができませんが、日常行われている一般戦はA1級からB2級までの幅広いランクの選手が同じレースを走ります。

では、ランクの大きく違う選手が一緒に走るとどうなるかですが、特に1周1マーク以降の走りに大きな差が出ます。

一般的には1周1マークで1着がほぼ決まる競艇ですが、ランクの高い選手はそこで差をつけられても、追い抜くのが難しい1周2マーク以降で旋回力の差を活かして前に迫ることができます。

動画を観ていただければ説得力が出ると思うので、A1級でもSG常連のトップ選手が一般戦を走った際のレースを紹介します。

この動画のように、1周1マークでは展開が向かず2,3番手にとどまっても、ターンの鋭さで道中逆転できるのがランクの高い選手の実力です。

一般戦にA1級の選手がいた場合、スタートの展開が向かないと考えても、2,3着には勝っておいた方が舟券の的中率は上がります。

-初心者講座

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.