選手紹介

【4418】茅原悠紀選手の特徴!他艇が止まって見える超絶ウィリーモンキー!

投稿日:

茅原悠紀

他艇が止まって見える超絶ウィリーモンキーが武器茅原悠紀選手!

特徴や戦績、プロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

茅原悠紀選手のウィリーモンキーの凄さ!

茅原悠紀ウィリーモンキー

茅原選手といえば、「ターン技術」が、ずば抜けて高いことが特徴的な選手です。そのターン技術を活かした「差し」や「まくり差し」を得意とし、そのターンの凄さから「宇宙人」との異名を持つほどです。

いわゆる「モンキーターン」と言われる重心移動によるターンは、今では多くの競艇選手が習得しているターンであり、茅原選手もこの「モンキーターン」を得意としています。

しかし、茅原選手のモンキーターンは他の選手とは一味違います。

茅原選手のターンは「ウィリーモンキー」とも呼ばれているターンで、ハンドル操作は最小限のみで、体重移動により舳先を上げて方向転換することが特徴です。

その姿がまるでバイク競技でのウィリーをしている姿に似ていることから名付けられました。

茅原選手は船体から飛び出しそうなほどの大胆な体重移動により、誰よりも速度を落とすことなく、かつ小さく曲がることが出来ています。

もともとは、ハンドルを切ることが苦手であったことから生まれた技術だそうですが、それが今は最大の強みとなっています。

そんな茅原選手は、一般戦における3連対率が90.7%とかなり安定した走りを見せており、特に4コースから出走の3連対率が84.0%とかなり高く、6コースからでも3連対率33.3%の好成績を残すなど、どのコースから出走しても3着以内に入ってくる可能性の高い選手と言えます。(2018年8月現在の成績より)

茅原悠紀選手の実力

茅原悠紀

茅原選手は2006年11月11日「第4回競艇マクール杯」にて、デビューしています。

そして、たった3日後の11月14日に同大会にて初勝利を納め周囲を驚かせました。

その後、2012年9月30日「共同通信社杯 第27回G1新鋭王座決定戦」にてG1初優勝を果たしています。

しかし、2014年5月の周年記念競走(G1)「トーキョー・ベイ・カップ」の優勝戦にて、1号艇で出場するも、コンマ01のフライングを切ってしまうという痛恨のミスを犯してしまいます。

これで半年間はG1,G2戦に出られなくなるという大きなハンデを負ってしまった茅原選手でしたが、復帰後は続けて一般戦にて優勝を重ねます。

また、SG戦に連続で優出するなどの活躍により、賞金ランキングを大きくアップさせる事が出来ました。

そして、同年12月の「SG第29回賞金王決定戦」にて、六号艇からの出走にも関わらず、みごとな「差し」によりSG初優勝を果たしました。

しかし、この年はわずかに及ばず惜しくも賞金ランキングは2位となりました。

最近の成績としては、2017年の賞金ランキングは10位で、8千3百3十万9万4千円となっています。

まだまだ若手と言える茅原選手、念願の賞金王達成など今後の活躍にも期待したいですね。

茅原悠紀選手のプロフィール

茅原悠紀

プロフィール

  • 登録番号:4418
  • 生年月日:1987/07/11
  • 身長:171cm
  • 血液型:A型
  • 支部:岡山
  • 出身地:岡山県
  • 登録期:99期

抜群の運動神経を持ち、中学時代には空手にて全国大会で優勝したことがあるそうです。

しかし、中学2年生の時にボートレースを見たのがきっかけで、ボートレーサーへの強い憧れを持ち、そこからは脇目も振らずに、ボートレーサーを目指してきたそうです。

グランプリ優勝後には六号艇(緑)での優勝に掛けて1億円ほどもする緑のランボルギーニを購入。現在は黒色のランボルギーニにのっているようです。

-選手紹介

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.