初心者講座

江戸川競艇場の特徴!的中率アップのコツは?

更新日:

江戸川競艇場

江戸川競艇場はその名前の通り、全国で唯一の河川を利用したコースなのです。

そのため、川の流れがあります。

また、河口も近いことから水質は海水で、潮の満ち引きによる水位の変化もあります。

さらに年中、風の影響を受けやすくなっており、レースの中止もよく発生するほどです。

様々な特徴のある江戸川競艇場の水面ですが、最もレースに関わってくるのは潮の満ち引きと風の影響でしょう。

満潮に向かうときを「上げ潮」(追い潮)と言います。この時には潮の流れは2マークから1マークへ流れます。

逆に干潮に向かうときには「下げ潮」(向かい潮)と言います。この時には潮の流れは1マークから2マークの方向へと流れるのです。

潮の流れと風の向きが同じ場合には、水面は比較的穏やかなものの、ボートはその方向に流されやすくなります。逆に、潮の流れと風向きが逆になってしまった場合、水面は波立ちやすくなります。

このように江戸川競艇場の水面の特徴は、潮の流れがあり波立ちやすく、その時々で表情を大きく変えていくことです。

スポンサーリンク

江戸川競艇場でのレース展開

江戸川競艇場での進入はほぼ枠なりです。

なぜなら江戸川競艇場は潮の流れに影響されるため、他の競艇場にはないコース取りの厳しいルールがあります。

関連初心者が最低限知っておきたい待機行動とスタートのルール!

また、ルール違反をしないで前づけをしたとしても、潮流によりスタートに近づきすぎてしまうなどのデメリットがあります。

そのため、江戸川競艇場で前づけをする選手はほとんどいません。

コース別の成績としては、他の競艇場と比べると1コースの1着率はやや低めです。

その代わり2コースや6コースが強いのが特徴的です。

これはコースが狭く、潮流もあることから、スタートが難しいこと、ターンが流されやすいことなどが理由にあります。

そのため、2コースからの差しや、6コースからのまくりが決まりやすいのです。

しかし、江戸川競艇場に慣れていない選手にとって、この競艇場でスタートやターンを決めることは困難です。

そのため、選手の組み合わせによってレース展開が変わりやすい競艇場とも言えるでしょう。

江戸川競艇場で予想的中させるためには?

江戸川競艇場で予想するためには、まず「江戸川巧者」や「波乗り巧者」と言われる選手を把握する必要があります。

なぜなら、江戸川競艇場は全国屈指の難水面と言われており、トップクラスの選手でもスタートやターンに苦戦するからです。

過去には江戸川競艇場でのレース出場を拒否(斡旋拒否)する選手もいたほどなのです。(2001年より原則として斡旋拒否は出来なくなりました。)

しかし、それほどまでに江戸川競艇場を苦手とする選手が多い一方で、江戸川競艇場の難水面を乗りこなす選手がいるのです。

この選手達は、江戸川競艇場において圧倒的な強さを持ちます。そのため、「江戸川巧者」や「波乗り巧者」と呼ばれるのです。

その選手達は全国勝率で格上となる選手にも、江戸川競艇場では勝利するのです。

そのため、江戸川競艇場での予想では「全国勝率よりも江戸川勝率」を優先して予想することが重要です。

江戸川競艇場での勝率が高い選手には、

  • 石渡 鉄兵
  • 前本 泰和
  • 茅原 悠紀
  • 濱野谷 憲吾
  • 三嶌 誠司
  • 守田 俊介

などの選手がいます。

これらの選手達を中心に予想することが、江戸川競艇場での予想的中にはとても重要でしょう。

-初心者講座

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.