トピックス

【2019年版】1コースの信頼度が低いA級選手!データ・ココ一番での負け

投稿日:

1コース信頼出来ない選手

1号艇になると、必然的に1コースへの進入確率が上がります。

競艇は最内を旋回できる1コースが最も有利なので、勝率も上がるということです。

舟券予想をするうえでも、1コースに進入する選手は配当が低くても外せない存在。

しかもA級の選手で人気も集まっているし、他は経験未熟な下位の選手ばかり。「これは勝ちが決まっているな」というレース、と思って1着流しで購入していたら、見事に負けてくれる選手がいます。

これが1コースの信頼度が低いと言われる選手です。

今回は2019年最新のデータや過去の実績から、1コースの信頼度が低いと言われているA級選手をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

岡崎恭裕選手

一般戦で下位の選手相手なら、1コースからでも順当に逃げ勝ってくれる岡崎選手。

しかしグレードレースの選手層が相手になった時、1号艇1コースでまくられてしまうイメージが強いですね。

岡崎選手自身も、センターやアウトコースからの戦いを得意としています。

岡崎恭裕選手の近況1コースデータ

秋山直之選手

ターン技術はピカイチなのですが、スタートが弱点の秋山選手。

グレードレースで1コースに入って、出遅れてアウトからまくられてしまう展開が多いです。

それでも道中で抜き返すターン技術を持っているのですが、さすがにグレードレースでは注意が必要。

秋山直之選手の近況1コースデータ

上田隆章選手

香川支部の上田選手は、1コース1着率が50%程度。

一般戦で下位の選手だらけで、上田選手が1コースの時などに見事に外してくれる信頼度の低さです。

上田隆章選手の近況1コースデータ

茅原悠紀選手

どのコースからでも舟券に絡む期待ができる茅原選手ですが、実は近況の1コースの成績はイマイチで50%台。

SGウィナー選手としては低い数字です。

まだグレードレースでは若手の茅原選手が1号艇の時は「他艇の前付けで深いスタートになってしまうから」という意見もあります。

それでも茅原選手が1号艇の際は、人気になることは間違いないので1着から外す舟券が美味しいかもしれません。

茅原悠紀選手の近況1コースデータ

川北浩貴選手

2019年3月22日から3月27日に開催された、びわこ競艇G2秩父宮妃記念杯。

川北選手は開催期間中2回、1号艇で出走していますが結果は2回とも2着。

その前節の一般戦では、1号艇で1着だったので、グレードレースになると信頼度が落ちます。

川北浩貴選手の近況1コースデータ

関浩哉選手

2019年3月16日から3月21日に開催された、戸田競艇SGボートレースクラシック。

1号艇で2回出走した結果は4着と6着で、連にも絡まない大惨敗でした。

どうにもグレードレースで戦うには、まだ経験不足なのかもしれません。

関浩哉選手の近況1コースデータ

高橋淳美選手

勝負駆けや、準優戦といった大事な場面の1コースでやらかす印象が強い高橋選手。

常に1コースが弱いのではなく、ここは勝たないといけない場面で負けることが多いのです。

西野翔太選手

西野選手のスタートタイミングは、全コース0.19から0.20秒と遅め。

スタートが遅いことから、出遅れた時にアウトコースからまくられてしまいます。

一般戦ではそうでもないですが、グレードレースになると信頼度が低くなります。

西野翔太選手の近況1コースデータ

田中信一郎選手

ここ最近のデータで、1コース1着率が50%程度になっているA1級のベテラン選手。

今期で、良くない状態から脱出できるかが注目されます。

田中信一郎選手の近況1コースデータ

濱野谷憲吾選手

有名なエピソードは、2010年の賞金王決定戦の優勝戦です。

1号艇の濱野谷選手が、半端ないほどの出遅れスタートをして優勝を逃してしまっています。

そのイメージがあるのか、「濱野谷のインの信頼度は低い」という通説があります。

濱野谷憲吾選手の近況1コースデータ

A級なのでもちろん勝率は高いが・・・

今回ご紹介した、1コースの信頼度が低い選手。

とはいえA級というだけあって、勝率はもちろん高いです。

相手の選手や水面との相性など、様々な要因が重なってはいるかもしれませんが、舟券予想の際に思い出してみるのも大事です。

-トピックス

Copyright© 競艇戦隊まめけんじゃー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.